オシャレ花嫁のウェディングDIY

 

 

空前のDIYブーム!いまや結婚式でも手作りアイテムを作るのは当たり前? そこで、オシャレなプレ花嫁や先輩花嫁のウェディングDIYを大紹介!

等身大の花嫁のDIYアイデアはきっと参考になるはず!節約のためだけじゃなく、結婚式準備を楽しむためにも要チェックです!

 

 

image1-e1444210510426

 

2016年3月に結婚式予定のウェディングソムリエシニアアンバサダーのMrs.Kaoriさん。結婚式に向けて着々とウェディングDIYを進めているそう。

ハイセンスなウェディングを目指すMrs.Kaoriさんのウェディングのテーマは「アンティークウェディング」

テーマを聞くだけでも絶対にオシャレな結婚式になるのが想像できてしまいます。そんなMrs.KaoriさんのウェディングDIYをご紹介させていただくべく、お話をお伺いしてみました!


ウェディングDIY招待状 ウェディングDIY ウェディングDIY

編集部(以下、編):招待状に使うペーパーを蝋引きしたり、シーリングスタンプを使ってとてもオシャレに仕上がっているペーパーアイテム。「テーマはアンティークです!」なんてい言わなくても、一目見るだけで目指している世界観が伝わってきますね。

 

「DIYで目指しているのは、not節約、yesおしゃれ感。テーマであるアンティーク感を出す為に、ペーパー類を蝋引きしたり、封にシーリングスタンプを用いたりしています。ほんの少しの手間をかけるだけでアンティーク感が出るんですよ。DIYというと節約だと思われがちですが、私は既製品にあまり好みのものがないことがきっかけでDIYに目覚めました。好みのものがないのなら自分で作ってしまえばいいんです。」

 

編:なんと蝋引きもご自身でされているのですね!!とっても難しそうですが、どのように作っていらっしゃるのですか?

 

「まずは、ロウソクをナイフで薄く削ります。次に、クッキングシートを蝋引きしたい紙の2倍強のサイズにカットします。大きめにカットすることで、溶けた蝋がはみ出てアイロン台を汚してしまうのを防げるんです。準備はこれでOK。あとは、蝋引きしたい紙の上に削ったロウを全体に塗し、半分に折ったクッキングシートに挟んで上からアイロンをかけるだけ。アイロンの熱でロウが溶け紙全体に広がります。最後にクッキングシートから出して冷ませば出来上がりです。ヴィンテージ感を更に出したい時は、わざと一度グシャグシャにしたり、周りを焦がすといい感じになります。」

 

編:なんだかとても楽しそうですね。私も挑戦してみたいです。こちらの招待状もアンティークな中に、大人らしい可愛さを感じます。

 

ウェディングDIY

 

「可愛らしい会場に合わせて可愛い雰囲気に仕上げました。高見えするフォントやフリー素材を使ってWordで作りました。Wordでもここまで出来るんですよ。リボンの色味はくすんだピンクにしました。くすんだピンクなら可愛いけれど、ラブリーになりすぎない絶妙な仕上がりになるかなって。リボンの素材はグログラン。木馬リボンもお勧めです。」

 

編:席札はイタリアのチョコレート「FERRERO ROCHER(フェレロロシェ)」をアレンジされているのですね。オシャレなプレ花嫁さんの間で大人気のスタイルですよね。

 

「はい。海外のウェディングのサイトでロシェ席札を見て一目惚れしたんです。美味しいプチギフトにもなると思い、DIYしてみようと思いました。アンティークがテーマなので、クラフト紙を利用しました。ゲストの名前を印刷し丸く切ったものを2枚用意し、一方にセロテープなどで爪楊枝の頭を貼り付け、もう一枚の紙にのりなどを塗りそれをサンドしました。あとはロシェに爪楊枝の先を刺すだけです。」

 

編:とてもシンプルですが、センスが問われそうですね。

 

「そうですね、選ぶ紙やフォント、リボンによってイメージが変わりますよね。私の場合は、リボンをかけて可愛さもプラスしました。リボンは蝶々結びではなく、ラフに結ぶことで大人の可愛さを出したこともポイントのひとつです」

 

ウェディングDIY ウェディングDIY

編:とてもオシャレですね!ペーパーストローにもご自身で作ったオリジナルのタグをつけられているのですね。

 

「これは、ウェルカムドリンクのストローとして使おうと思っています。少しの工夫でウェルカムドリンクにも自分らしさと可愛さをプラスできたらいいなと思って。」

 

編:なるほど、少しの工夫でもオリジナリティが出せるのですね。大掛かりなことは無理な方でもこういうアイデアなら簡単に取り入れることが出来そうです。このウエルカムスペースに飾るボードもアンティーク感が出ていてとてもオシャレですね!フレームにもこだわりを感じます。

 

 ウェディングDIY

 

「実は、このフォトフレームは100円ショップで購入したものなんですよ!高見えするフォトフレームやペーパー、フォントを用いるだけで高級感を出すように意識しました。プチプラでも選び方によって高級感が出せてしまうんです。」

 

編:DIYのインスピレーションはどこから得ているのですか?

 

「先輩花嫁さんのブログやインスタグラム、海外の方のピンタレスト等からインスピレーションを得ています。「結婚式」に捉われず幅広いジャンルのものをチェックするようにしていますインテリアのDIY本やライフスタイル本もとても参考になりますよ。」

 

編:最後にMrs.KaoriさんはウェディングサーカスさんのPARADISE GARAGEという会場でウェディングを予定されているそうですが、どんな結婚式になりそうですか?

 

「型に捉われない新しい自由な結婚式を目指しています。結婚式だからこうでなければならないという型を破りたいんです。朝7時~夜23時まで自分だけの空間。朝と夜はガラッと雰囲気をかえて楽しみたい。朝は可愛く、夜は照明を落としてかっこよくとかね。私も彼もピクニックが大好きなので、ピクニックのエッセンスを入れられたらと考えています。」

 

編:とても楽しみですね!ぜひ結婚式当日の様子もサイトで紹介させてくださいね!ありがとうございました。

 

プレ花嫁のSNS

 アメブロ

Instagram

 

様々なウェディングアイテムのDIY方法はこちらから!

 

海外ウェディングアイテムやDIYアイテムはこちらから!

J'adore Select Store

 

 

 

ブライズメイドウェディング shop2

What's New

 

Instagram


 

Top