♠ウェディングプランナーの結婚式 Vol,7
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェディングプランナーが挙げた結婚式をレポートするコラム。

今回は、沢山の結婚式をプランナーとして見守ってきた瑞貴さん。結婚式を通して家族の絆や二人の絆が強くなることを身近で見て知っているからこそ、「今まで大切なお客様の幸せな笑顔を見てきた場所で、普段一緒に結婚式を作り上げているチームの皆に見守られて結婚式を挙げたいと思いました。」と、嬉しそうに笑顔で語って下さいました。

 

♠「Shima×Shima Wedding!」


 瑞貴さんは、プランナーとしてお客様とお打合せをする時にまずすることが「テーマ」や「カラー」を決め。

「テーマが最初に決まっていると「軸」が出来あがるので結婚式の内容に統一感やお二人の表現したいものがはっきりしてきます。だからこそ、とても大切なのです。テーマを決める時は毎回、時間を掛けてお二人の好みや趣味・拘りをお伺いしながら楽しくおしゃべりしています。私も、よりお二人を理解できるので、とっても大切な時間です。」

 

「ちなみに私たちは両家の名字に「島」・「嶋」という文字が入っているので「シマシマ」→「ストライプ」をテーマにしました。テーマカラーは「片一方の意見」を取り入れるのではなく、それぞれが好きなホワイトとネイビーを、アクセントにゴールドを取り入れました。」

「シマシマはまっすぐ寄り添いながら並んで歩く二人も表しています。これからの人生を彼と一緒にまっすぐ歩んでいきます。と、いった私の意志表現も含まれています。」

 

ウエディング2

 

♠DIY WEDDING


 「インパクトを持たせる様に特大な物を多く作りました。」と、おっしゃる瑞貴さん。プランナーとしてご自分のお客様の結婚式のお手伝いもしながらの準備期間は、なかなか時間が取れなかったのだそう。だからこそ、細かなものを沢山作るのでなく、大きくてインパクトのあるものをドーンと、作った方がゲストの印象に残ると考えられたそうです。

 確かに、ウエルカムボードやフォトブース・メインテーブル後ろのタペストリーなど、どれも巨大でインパクトが大きいですね!

これは、お仕事しながら準備をされるプレ花嫁さんにも参考になるのではないでしょうか?百戦錬磨の現役プランナーさんだからこその知恵とアイデアですね。

 

ウェルカムボード フォトブース2
会場コーディネート(手作りタペストリー)

会場前コーディネート

 

 

また瑞貴さんの周りにはDIYを得意とされるお仲間ばかりでした。お母様やお友達もDIY WEDDINGをサポートしてくださったそう。

 

「挙式で着けたウェディングベールは私の母の手作りのものです。小さい頃から母が作る洋服や髪飾りをつけるのが好きだったので、当日も母が作ってくれたベールを着けれて挙式が挙げれたのは幸せでした。また、ウエディングドレスで付けたピアスはアクセサリーショップをしている友人の手作りです。」

 

周りの温かなサポートがあってよりお二人らしいDIYとなりました。

 

ウエディングドレスヘッドアクセサリー(カチューシャをボンネ風に)2 リングピロー

ファーストバイト用スプーン

 

また作ってもらうだけではなく、その感謝の気持ちもしっかりと表現している瑞貴さん。

「席次表はオリジナルにしました。母や友人、先輩、同期と手作りしてもらったものが多かったので、「Special Thanks!」というページを作り、紹介しました。」

 

ペーパーアイテム1

ペーパーアイテム3

 

ペーパーアイテムの中に載せる二人の衣装にも、ストライプをさりげなく取り入れました。見つけた方だけが「くすっ」と、笑顔になれる仕掛けがあるのはポイント高いですよね。

 

♠憧れのファーストミート


 海外のお洒落な映画が大好きな瑞貴さん。昔見た映画の様にファーストミートを行いたいと思い、結婚式当日までウエディングドレス姿を彼に内緒にしていたそうです。

 

「チャペルの扉が開いて初めてお互いを見たときに感動しました。また、その際に彼がサプライズで花束を用意してくれていて、とても嬉しくて号泣しちゃいました。」

 

ファーストミート(サプライズ) ウエディング

 

 

♠信頼しているプロ集団の仲間だからこそ・・・


 

チャペル3

 

ヘアメイクや衣装は信頼しているスタイリストに任せたという瑞貴さん。

「私の事をよく理解してくれている心のかよったスタッフばかりなので、自分で選ぶよりも私を魅力的に見せてくれるドレスやヘアメイクを提案してくれると信じていました。おかげでゲストからも、評判が良く、大満足です。」

 

「お料理も料理長に全てお任せしました。私の祖父が畑で野菜をつくっていますので、シェフにお願いして祖父が育てた玉ねぎをお料理に使用しました。 当日ゲストも、そのお料理を美味しそうに召し上がってくれて嬉しかったですし、何よりも祖父の嬉しそうな笑顔を見ることが出来たのが印象に残っています。お料理がどこよりも美味しいと評判な職場で挙げて本当に良かったと思う点の1つです。また、プランナーをしている大好きな先輩から「今まで見たり、出席した結婚式の中で1番楽しかった!」と言ってもらえたのが何よりも1番うれしかったです。」

 

「いままで大切なお客様の幸せな笑顔を見てきた場所で、普段一緒に結婚式を作り上げているチームの皆に見守られて結婚式が出来て、最高の一日になりました。」

 

これから結婚式迎えるプレ花嫁さんも、信頼できるプランナーさんやスタッフさんがいたら、お任せしてみるのも一つの手かもしれません。色々と調べつくしてこだわりを追及していくのも一つですが、他者から見た自分の見え方を意識してみたり、独りよがりになっていないかを見つなおすためにも、時にはプロの意見に耳を傾けるのも必要な事なのかもしれません。

 

♠現役プランナーから未来の花嫁へひとこと


  「今回、結婚式の準備を通して、小さいころから家族が注いでくれた愛情の大きさを改めて知ることが出来ました。結婚式は自分を今まで支えてくれた友人、先輩、上司、親族、家族が大勢集まってくれる場所です。全員に対して感謝の気持ちを伝える大切な機会だから、お二人らしく「テーマ」を拘っておもてなしして下さいね」

 

「あと、プランナーは花嫁さんの味方です。些細なことでも分らないと感じたら、直ぐに相談してみて下さい。きっと色々な提案をしてくれたり、一緒に考えてくれるはず!」

 

みなさんも最幸の一日になる様に、プランナーさんとお打合せを進めてみて下さいね。

 

 

♠ご紹介した結婚式会場


 

一覧写真

覚王山ル・アンジュ教会

「いつでも戻ってこられる街で思い出の始まりを」
 
ヨーロッパを思わせる街並み
ため息を誘う美しい空間で大切な方たちと大切な時間をすごしていただけます
昼と夜で表情を変え一日に様々なドラマが生み出されます
レストランでは1年記念日、2年記念日とアニバーサリーの度にお食事して頂くことも…

特別な日も、そうでない日にもいつでもここへお帰りください
覚王山の天使はふたりの幸せを永遠に見守り続けます

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
blank blank blank
«  |  »

 

 

BMWバナー shop2

What's New

Event Report

021292ca01062b6d753f5b5fa60acbde

Event Report

IMG_2841

EVENT

花L2

Event

MY LITTLE BOX

 

Instagram


 

Top