wedding-idea wedding-idea

理想を形にした大人のサマーウェディング

花嫁のリアルストーリーを紹介する「ウェディングレシピ」。

「グランドハイアット東京」のチャペルに一目惚れした新婦ユカさん。夏をテーマにした、エレガントでおしゃれなホテル婚をレポートします。

ひと目惚れしたグランドチャペル


令和最初の夏、ユカさん夫婦が掲げた結婚式のテーマは『New beginning』。令和という新しい時代と、自分たち夫婦の新しい始まりを重ね合わせたそうです。これから共に過ごしていくゲストのみなさまを『おもてなし』したいと、高いサービスを提供できるホテル婚を選びました。

 

いくつか式場を見学する中で、一番心惹かれたのが「グランドハイアット東京」の「グランドチャペル」でした。吹き抜ける天井、天窓から差し込む光、落ち着いたモダンな雰囲気。ユカさんが理想とする『大人ウェディング』のイメージにぴったりでした。

 

「少し背伸びした大人な雰囲気が、30歳を目前にした今の私にぴったりでした。式当日、大好きなチャペルで、ゲストに迎え入れてもらった瞬間が忘れられません」

 

ウェディングソムリエ ウェディングドレス

運命のドレスに巡り合うために


ドレスを探し始めたのは、結婚式の約1年前。なかなか気に入った1着に出会えず、巡ったショップは10件以上。半年かけて見つけたドレスは、『アントニオリーヴァ』の『クリスタル』でした。シンプルでありながら、「グランドハイアット東京」のチャペルに負けない、圧倒的な美しさ。バッグのリボンや、オーガンジーの柔らかな素材もお気に入りポイントです。

 

実はお色直しも白のウェディングドレスに。選んだのは、ボヘミアンな刺繍が施された『レジーナクローゼット』のマーメイドドレス。運命を感じたものの、「ホテル婚にしてはカジュアルすぎるかもしれない」と正直悩んだそう。それでも「どうしても着たい!」という想いが捨てきれず、自分の気持ちに正直に、このドレスに決定。当日、ゲストからは「2着目の方が好き!」という声もあったほど大好評でした。

 

「諦めずにこのドレスを選んで本当によかったです。旦那さんや親御さんの意見ももちろんありますが、自分が着たいと思う気持ちがとても大切だと思います」

 

彼からもらった「結婚式を挙げてよかったね」


「結婚式を通して、彼の意外な一面も見られた」と喜ぶユカさん。準備にあまり積極的ではなかった彼にウェルカムミラーのDIYをお願いすると、なんと意外な才能を発揮! フォトフレームにゴールドのスプレーで色をつけると、上からこすってアンティーク感を出すこだわりまで見せてくれました。そしてもっとも驚いたのが、披露宴の最後。普段泣いた姿を見たことない彼が、お母さんへの記念品贈呈でまさかの男泣き。それにつられて、ユカさんも思わず泣いてしまいました。

 

「誓いのキスでは、彼が緊張から立ち位置を間違えてしまい、2人の顔が届かないハプニングもありましたが、終わってみればそれも良い思い出。彼は結婚式を挙げることにこだわりがなかったのですが、式が終わった後、『準備は大変だったけど挙げてよかったね』と言ってくれてとても嬉しかったです」

夏ならではの演出とコーディネート


挙式日が7月だったので、演出やコーディネートは夏を意識しました。九十九里で前撮りした写真を置いたウェルカムスペースには、流木や貝殻を並べてゲストをお出迎え。披露宴会場の装花は、『サマービーチウェディング』をテーマにオーダーしました。テーブルにミラープレートを置き、砂を敷き詰め、その上にビビッドカラーの花や枝をディスプレイ。浜辺にさっと生えているイメージで、無造作に置いてもらいました。

「ミラープレートを使ったことで、夏らしさを表現しながらも、ホテル婚らしいエレガントさも演出することができました」

お色直し後は、彼がセレクトしたブルーのショーライツで入場しました。会場は幻想的な雰囲気に包まれ、ライトに照らされた装花の枝はまるでサンゴのよう。2人もゲストも、ロマンティックな気持ちになりました。

 

ホテル婚ならではの『エレガント』を意識しながらも、程よいカジュアルさも取り入れたユカさん。オリジナリティ溢れるサマーウェディングは、マネしたいアイディアがいっぱいです。

ウェディングソムリエ ウェディングドレス

ユカさんのウェディングレシピ


場所:TOKYO

会場:グランドハイアット東京

ドレス:1着目/アントニオリーヴァ クリスタル(ミラーミラー)、2着目/ルー・デ・セーヌ クロエ(マリー・ミー・レジーナ)

カメラマン:Nana(maRthgraphy)

ヘアメイク:yuudai(MAISON DE RIRE)

エンゲージリング:カルティエ バレリーナ

マリッジリング:ブシュロン ゴドロン

ハネムーンの行き先:イタリア、ギリシャ

アカウント:@yktk0225

 

 プレ花嫁さんへのアドバス 

「あれもこれもやりたくなってしまうのですが、自分の中で譲れないポイントとそうでないポイントをしっかり持って、出来る範囲で最大限工夫していくことが大切かなと思いました。結婚式は、人生の中で忘れられない大切な1日になります。準備は大変ですが、当日迎えたときに全て報われます。素敵な1日になるようにがんばってください」

 

insta

 

 

insta

 

 

 

Top